車椅子から移譲できる住宅環境とは

車椅子を使う障害者が、自宅で療養できるようにするためには、住宅環境を様々な観点から変更しなければなりません。
障害者の目線と一緒に済む同居人の目線の療法から、どのような構造が便利なのか考えてみたいと思います。
限られた住宅スペースを、バリアフリー環境に近づけるとともに、車椅子を使った生活をしやすくするためのポイントを考察します。
1階屋根付きガレージになっていると、雨に濡れずに直接乗り降りすることができますので大変便利です。
また、部屋に直接入ることができるスロープがあると、本人だけでなく介護する側の負担も減らすことができて好都合です。
車から降りて、広い空間を確保するのは一般に困難であることが予想できますので、必然的にスロープは短く、勾配は急にならざるを得ません。
この場合では、車椅子単体での自走はできませんので、必ず介助者がサポートするようになります。
スロープを介して自宅内に乗り入れた後は、車椅子が旋回できるだけのスペースが必ず必要となります。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.